青髭の原因

なぜ青髭になる?

男性の多くの人が悩んでいる「青髭」の問題ですが、そもそもなぜ、青髭になるのでしょうか。不思議ですよね。

 

自己処理をしていると次第に青くなってくる青髭、問題を解決するには原因を知る必要があります。青髭の原因というのは根っこ部分にあります。

 

自己処理で抜いたり処理した毛が皮膚の下に埋まった状態で生えて透けて見える事が原因で青髭になるのです。

 

自己処理にほとんどの人が電気シェーバーやカミソリを使用していると思いますが、実はその方法では埋まったヒゲを作ってしまう大きな原因となります。

 

そんな青髭を解消するのは根っこから毛を抜いてしまうという事です。青髭も根っこから処理すれば青く見えません。

 

では、どのような処理が適切なのでしょうか。

 

ヒゲの処理には抑毛ローションを塗ると次第に毛が抜け薄くなるので青髭が解消に向かうとされています。
そして脱毛サロンで根っこから脱毛を行う事で綺麗な肌、毛を生えなくしてくれます。金額的にも安くとはいきませんが一番確実な方法でしょう。

 

 

そして最後は今話題の家庭用脱毛器で自宅で脱毛を行う方法です。家庭用脱毛器は医療脱毛に通うよりも自宅でできますので大変人気となっています。

 

ですが効果は人により様々であり、生えてくる毛が薄くなったという報告はあるものの、医療脱毛に比べ光脱毛という比較的弱い部類の機器ですので過度の期待は禁物です。

 

みなさんは、どの方法で脱毛を行いますか?ぜひ、青髭で悩む人に解決してほしいと思います。